こんにちは。今日は内臓に効果がある体操をご紹介します。

イルチブレインヨガのブレイン体操は内臓にも効果があるとされる動作がたくさんあります。このうち、腎臓に良いのが、天地を押すポーズです。

事務仕事をする人は、腎臓が弱くなりがちです。腎臓に異常があるとお腹が出てきて、ふくらはぎがむくみ、体が重くなります。気のエネルギーが通る「督脈」や「任脈」も詰まり、膀胱(ぼうこう)の機能にも支障をきたします。

こんなときに役立つのが天地を押すポーズ。全身に気エネルギーが滞りなく流れるようになります。太ももが伸びて腎臓が刺激され、腎臓機能が活発に。何度も繰り返すと背骨の歪みも矯正され、気持ちも安定します。

仕事で疲れて、ストレスがたまると、気分も落ち込みやすくなります。イルチブレインヨガのブレイン体操で、スッキリして下さい。

天地を押す

イルチブレインヨガのブレイン体操-天地を押す

① 右ヒザを曲げ、左足は後に伸ばします。
② 息を吸いながら右の手のひらを上に押し上げ、左の手のひらは下に押し下げます。
③手首は直角にし、視線は上に伸ばした手の甲を見ます。
④ 息を吐き出しながら戻し、反対側も同様に行ないます。3回繰り返します。

【効果】風邪をひきやすい、花粉症、猫背、心が落ち着かない、胃腸の調子が良くない、口が乾くときなどに行なうと効果的です。

出典: ブレインメディア