創造性は、なかったものを新たにつくる能力だけでなく、いつも同じ仕事をしていても、その仕事の中に新しさを吹き込む能力でもあります。

創造力は、探求したり疑問に思ったりする姿勢や好奇心から生まれます。

自分自身と社会に温かな関心をもつとき、自分の人生を変化させ、社会に役立つアイデアがわきます。

どのような環境にあっても、「この環境の中で私にできることは何か?」と考えていると多くのアイデアが生まれます。

小さなことでも、そのアイデアをすぐに実践してみましょう。

そのような実践が集まって人生の変化と成長がつくりだされるのです。

一指李承憲著『人生120年の選択』より